パーソナルトレーナーを目指すなら養成スクールへ通うことが近道!口コミで評判のパーソナルトレーナースクールをおすすめ形式で紹介します。

NSCA-CPTはどのような資格?取得のメリットも合わせて紹介!

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/05/21

パーソナルトレーナーになるためには基本的に資格は必要ありませんが、スポーツ・フィットネス業界においてさまざまな資格があります。中でも知名度が高く国際的にも信頼を得られる資格がNSCA認定資格です。未経験者からスキルアップまでできるNSCAは、どんな資格なのか、取得方法や出題内容までNSCAの資格についてご紹介します。

NSCAはどのような資格?

NSCAとは?

そもそもNSCAとは「NationalStremgth&ConditioningAssociation」の略称で、全米ストレングス&コンディショニング協会のことです。1978年アメリカのネブラスカ州立大学リンカーン校にて設立された教育団体で、主にスポーツ医科学の研究とトレーニング現場を直結し、その知識を共有・普及させ、一般の子どもから高齢者にいたるすべての人々の健康維持・増進と、アスリートのパフォーマンス向上及び傷害予防の支援・教育活動をしています。その活動に賛同し、1991年に国際支部としてNPO法人NSCAジャパンが設立されました。

NSCA-CPT(パーソナルトレーナー認定)

NSCA-CPTのCPTとは「CertifiedPersonalTrainer」の略称で、NSCAが発行しているパーソナルトレーナーの認定資格です。健康・スポーツ・フィットネスに関して、トレーニング・教育・評価などを行う、優れた専門知識を持つ人材を認定する資格です。前述の指導対象は年齢・性別・経験に関わらず幅広い人を対象としています。そのため、「パーソナルトレーナー」「インストラクター」「コーチ」はもちろん、「理学療法士」「整体師」「柔道整復師」などの職種でもNSCA-CPTを取得しています。

試験内容と合格率は?

NSCA-CPTの資格試験で出題される問題は、「エクササイズテクニック」「プログラムプランニング」「解剖生理学」「健康や体力評価」「栄養学」「安全な施設条件や管理」「法的諸問題」がベースになっています。アスリート・高齢者・妊婦・基礎疾患を持つ方など、さまざまな対象者にも応えることができる知識や理解があるかの問題が出題されます。試験時間は180分間で、3択問題の全155問で構成されています。NSCA-CPTの合格ラインは、受験者の点数をスコア化したスケールドスコアで70、合格率は約65%です。

NSCA-CPTを取得するメリット

ではNSCA-CPTの資格を取得することに、どんなメリットがあるのでしょうか。

正しい国際基準の知識が身に付く

NSCA協会はアメリカにある本部を中心に、日本・中国・韓国・スペイン・イタリアに支部が設けられ、世界中でさまざまな分野において会員が活動しています。その情報を共有して研究や実践が行われています。そのため、NSCAの配信する情報は世界基準となり、NSCA取得の勉強をするだけでも、最先端の知識やノウハウを得ることができます

国際的に信頼度が高い

スポーツ・フィットネス市場は、世界において年々拡大しています。現在NSCA協会は世界88の国と地域において活動しています。そのためNSCAは国際的なライセンスとして最もメジャーであり、世界で認められているトレーナー資格として価値の高いライセンスです。フリーランスとして独立する場合は、国内だけでなく海外でも通用するので、活動の幅が広がります。

NSCAの取得方法

NSCAを取得するには、「満18歳以上」「NSCAジャパン会員」「高等学校卒業者または高等学校卒業過程認定試験合格者」「CPR(心肺蘇生法)・AED(自動体外式除細動器)の実技評価が認められている資格所有者」の4つの条件を満たす必要があります。これらの条件を満たしているなら、以下3つの方法でNSCAの資格を取得することが可能です。

養成スクール・セミナー

スポーツ・フィットネス業界に携わる方、目指している方の多くがNSCAの取得を目指します。そのため、NSCAの取得できるよう構成されたカリキュラムを学べる場所がたくさんあります。養成スクールでは、実践的な授業を取り入れているスクールもあれば、仕事をしながら学べる通信講座のスクールもあり、独学で難しいノウハウを学ぶことができます。

NSCA認定校を選ぶ

NSCAジャパンの基準とガイドラインに従って専門職を養成・教育するプログラムが組まれた学校です。認定校には医療福祉や運動科学、栄養学や心理学などが学べるさまざまな大学や専門学校があり、実際にNSCA資格認定者が教育プログラム全体を監督しているので、これから学びたい方はより幅広い専門知識を学べます。

NSCAジャパンの教材を活用

NSCAを発行するNSCAジャパンでは、書籍やNSCAの問題集が販売され、パーソナルトレーナーに必要な基礎知識から、NSCAの取得を目的とした知識まで独学で学べます。また、セミナー講座や実践的に学べる5日間の研修などが受けられ、エビデンスに基づいた正しい知識を学ぶことができます。

 

パーソナルトレーナーの登竜門として、NSCAの資格取得はおすすめです。スキルアップしたい方や、未経験からパーソナルトレーナーを目指すとしても、さまざまなエビデンスに基づく知識が学べるので、NSCA取得の勉強をするだけでもメリットがあります。資格を取得できると、信頼度も上がるため仕事の幅も広がるかもしれません。よりよいパーソナルトレーナーになるためにも、ぜひ取得してみてはいかがでしょうか。

おすすめのパーソナルトレーナースクール

商品画像
商品名レエール スポーツコンディショニングトレーナーズスクールDr.トレーニングスクールTRAINER'S LABASPトレーナースクール2ndPASS
特徴NSCAの資格合格率は95%!独立サポートも充実グローバルな最先端スキルを身につけられるスクール特別講義がおすすめのスクール全国最優秀トレーナーが多数在籍未経験から即戦力のトレーナーを育てる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧