パーソナルトレーナーを目指すなら養成スクールへ通うことが近道!口コミで評判のパーソナルトレーナースクールをおすすめ形式で紹介します。

パーソナルトレーナーにおすすめの服装とは?持っておくとよいものも紹介

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/09/17


サラリーマンとして働く場合は、スーツを着用することが一般的です。しかし、パーソナルトレーナーとして働く際、どのような服装をすべきか悩むケースがあります。さらに、パーソナルトレーナーが持つべきものやコンプレッションシャツを着るべきかなど悩む要素があります。本記事では、おすすめの服装や持っておくとよいものなどを解説します。

パーソナルトレーナーにおすすめの服装

パーソナルトレーナーにおすすめの服装は、動きやすく速乾性の高い服装と清潔感のある服装の2点が重要なポイントです。まず、動きやすく速乾性の高い服は、身体を動かすことが前提のため非常に重要な要素です。必ず伸縮性のあるジャージを着用します。たとえば、ジーパンは生地が硬く伸縮性もないためトレーニングには不向きです。また、夏場でも冬場でも温度調整のされた室内での運動がメインとなります。そのため、汗をかいても問題のないよう速乾性のある服が必要です。

さらに、清楚感のある服装についても重要な要素です。トレーナーは自分が運動を行うのではなく、指導を行う立場です。そのため、動きやすく速乾性の高い服装をしていても、清潔感に欠けていると顧客を獲得することはできません。また、男性のトレーナーの場合は、シンプルに短パンとTシャツという服装がおすすめです。冬場など寒い季節は長袖・長ズボンに調整することも可能です。動きやすく速乾性の高い・清潔感のある服装となると、短パンとTシャツの組み合わせがベストです。

また、男性は女性よりも汗をかきやすい傾向にあります。汗をしっかりと吸収・速乾してくてる素材でないと匂いの原因になり不快感を与えてしまうことがあります。そのため、短パンとTシャツを選ぶ際は素材にも注意して選ぶことが大切です。

一方、女性は透けない素材のウェア・レギンスの組み合わせがおすすめです。女性の場合、指導を行っている際に他人に身体を見られると指導に集中ができません。また、自分が他人の視線を気にしていない場合でも、トレーニングを受けている側が目のやり場に困ってしまいます。そのため、必ず透けない素材のウェアを選ぶことが重要です。さらに、汗をかいても透けないか確認しておく必要があります。

パーソナルトレーナーにおすすめの靴

トレーナーにおすすめのシューズはスニーカーです。トレーニングの指導中は、足腰を使用ししっかりと地面を踏ん張る必要があります。もし、サンダルなどを着用していた場合、動きづらい上に足が滑って怪我の原因になることがあります。スニーカーであれば負荷のかかる運動であっても、しっかりと指導を行うことができます。スニーカーにもさまざまなタイプがあるため、運動用のものやランニングシューズなどトレーニングの内容によって適したものを選ぶことが大切です。

着た方がよい?コンプレッションシャツとは

コンプレッションシャツとは、着用している間ずっと加圧を感じることができる素材を使用しているシャツのことを指します。また、加圧シャツと混同されがちですが、加圧シャツの方が体に負荷をかける力が強く、トレーニング中に体が痛くなるという特徴があります。

一方、コンプレッションシャツは、適度な加圧を加えるため運動時でも身体が痛くなることがありません。さらに、シェイプアップ効果や筋肉に無駄な動きをさせないことで効率よくトレーニングを行うことができます。そして、適度な加圧によりテーピング効果もあるため、安全性の高いトレーニングを行うことが可能です。コンプレッションシャツは、スポーツトレーナーだけでなく、トレーニングを行う人も着ることによってトレーニングの効果をさらに高めることができます。

パーソナルトレーナーが持っておくとよいもの

パーソナルトレーナーが持っておくとよいものは、テーピング・ガーゼ・手袋・コールドスプレーの4点です。トレーニング中に万が一怪我をしてしまった場合にすぐに対応できるものを準備しておくと便利です。

さらに、湿布や薬用用品も準備しておくと安心です。また、トレーニング中にいろいろなものを持ち歩くと邪魔になることがあるので、持ち歩くものは最低限のものだけにすることがおすすめです。持ち歩かないものはまとめて近くに置いておくことで、緊急時でも落ち着いて対応できます。さまざまな状況を想定してあらかじめ準備しておくことで、どんな場面でも対応できます。

 

パーソナルトレーナーとして指導を行う際は、動きやすく速乾性の高い服装と清潔感のある服装が必須です。自分がトレーニングを行うのではなく、他人を指導する立場として客観的に服装について考える必要があります。また、適したスニーカー選びやコンプレッションシャツの着用を検討も大切です。さらに、万が一の怪我に備えて応急処置を行うことのできるものを用意しておくことで、緊急時も落ち着いて対応できるでしょう。

おすすめのパーソナルトレーナースクール

商品画像
商品名レエール スポーツコンディショニングトレーナーズスクールDr.トレーニングスクールTRAINER'S LABASPトレーナースクール2ndPASS
特徴NSCAの資格合格率は95%!独立サポートも充実グローバルな最先端スキルを身につけられるスクール特別講義がおすすめのスクール全国最優秀トレーナーが多数在籍未経験から即戦力のトレーナーを育てる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧