パーソナルトレーナーを目指すなら養成スクールへ通うことが近道!口コミで評判のパーソナルトレーナースクールをおすすめ形式で紹介します。

よいパーソナルトレーナーとダメなパーソナルトレーナーの違い

公開日:2021/01/01  最終更新日:2021/01/19

近年、パーソナルトレーニングの需要が高まっており、それに伴いパーソナルトレーナーを目指す人も増加しています。そこで今回は、よいパーソナルトレーナーとダメなパーソナルトレーナーの違いを徹底比較していきます。パーソナルトレーナーを目指している方はぜひ参考としてプロフェッショナルとなるための大切なポイントを抑えましょう。

よいパーソナルトレーナーとは?

パーソナルトレーニングを受けるクライアントから人気の高いよいパーソナルトレーナーにはある共通点があります。実際にクライアントがパーソナルトレーナーを選ぶときの基準をまとめてご紹介します。ぜひ、これらのポイントをクリアーしより良いパーソナルトレーナーを目指しましょう。

資格がある

パーソナルトレーニングを希望するクライアントがトレーナーを選ぶ要素としてどのような資格があるかは大切なポイントです。マンツーマンで本格的な指導を受けたいクライアントへ向けて効果的なサポートを提供するために専門資格を取得することは必須項目と言えるでしょう。クライアントからの信頼度につながります。

解剖学の専門知識がある

パーソナルトレーニングにおいて最低限の知識として解剖学は必ず専門的な知識をつけましょう。パーソナル指導をする際に、クライアントの身体の状態を解剖学的にみて適切な指導をすることが求められるため、筋肉や骨格の知識に合わせて、個別でそれぞれの身体を見た時に適切な指導ができるようにスキルを磨きましょう。

栄養学の専門知識がある

パーソナルトレーニングを希望するクライアントは、総合的なアドバイスを必要としているため、栄養学の専門知識があると喜ばれます。運動面だけではなく、食事面からのアドバイスが加わることでより効果的なサポートを提供することが可能です。

トレーナー自身のスタイルが魅力的

トレーナー自身のスタイルも大切な判断基準となります。スタイルや服装など、魅力的なトレーナーは人気です。「このトレーナーさんからサポートを受ければこんな身体になれるかも」と思ってもらうには自分自身の管理もプロフェッショナルとして必須といえるでしょう。

指導力、説得力がある

指導力、説得力も大切なポイントです。そのためにも、ここまで紹介したような専門知識を身につけ自信をもって伝えましょう。指導経験を積みながらクライアントの成果を出していくことでより説得力のある指導スキルが身についていきます。

クライアントに合わせ臨機応変に対応できる

クライアントにはさまざまなタイプがあります。身体の状態、性格、要望、など多種多様なクライアントに合わせて柔軟に臨機応変な対応ができるかどうかもパーソナルトレーナーとして大切なポイントです。

顧客管理ができる

パーソナルトレーニングの最大の魅力は、ずばり個別に成果が出るようサポートしてもらえることです。そのためにも、個々のトレーニング内容を把握し顧客管理をしっかり行うことでクライアントからの信頼も得られるでしょう。専門的な知識と指導スキルだけではなく、管理能力も大切なのです。

価格に合わせた満足度の高いトレーニングが提供できる

パーソナルトレーニングの価格相場は、およそ月額10万円前後です。大手トレーニングジムなどでは30万円ほどする場合もあります。また、個人で提供している場合には1回のトレーニングにつき1万円前後で受けられるものもあり、その内容と価格はさまざまです。顧客層によっても変わるため、顧客の満足が得られる価格設定をしていきましょう。

ダメなパーソナルトレーナーとは

よいパーソナルトレーナーとは対照的にダメなパーソナルトレーナーの共通点を紹介します。

資格がない

パーソナルトレーナーという職業は国家資格ではないため、法律的には資格がなくても指導はできます。しかし、パーソナルトレーナーとして就職する場合には資格を基準としますし、資格がなければクライアントの信頼度も得られず実質仕事にするのは難しいでしょう。

知識がない

資格だけあっても知識が少なければ、トレーナーとしては不十分です。現在活躍しているパーソナルトレーナーの多くは、常に知識を身に着けてスキルアップをしています。

クライアントへの理解がない

クライアントには、さまざまなタイプがあります。それぞれのニーズに合わせて柔軟な対応が求められます。クライアントへの理解が低ければ、顧客満足度も得られません。

トレーナー自身の体調管理ができていない

トレーナー自身の健康管理も大きな判断要素のひとつです。体調や体型など自己管理能力の高いトレーナーはそれだけで信頼度が高まります。

コミュニケーション能力が低い

パーソナルトレーナーとしてコミュニケーション能力は必須能力です。相手の様子を見て柔軟に対応することが求められます。自分らしい魅力を発揮しながらファンを増やしたいものです。

トレーニング内容のレパートリーが少ない

クライアントは、トレーナーから自分にとって最適なトレーニングを教えてもらいたいと思っています。また、新しい発見も求めているので、定番のトレーニングメニューの他にも豊富なレパートリーを用意することで喜ばれるでしょう。

目指すならプロフェッショナルを

マンツーマンによるパーソナルトレーニングを行うということは、多種多様なクライアントにあたることになりそれだけ専門的な知識とスキルが必要です。個別で対応するパーソナルトレーナーにはそれだけ責任が問われるのです。どんなクライアントにも、満足度の高いサポートが行えるように努めるのはプロとして必須条件といえます。

パーソナルトレーナーは需要も高く、成功すれば収入も高く魅力的な職業である一方それだけプロとしてしっかり学ぶ必要もあるのです。パーソナルトレーニングスクールでは、専門的な知識を学ぶことはもちろんのこと、クライアントに合わせた指導内容の構成や対応も学ぶことができます。需要の高いパーソナルトレーナーだからこそ、本物の知識とスキルを身につけてプロフェッショナルとして活躍したいですね。

 

パーソナルトレーナーを目指す場合は、よいパーソナルトレーナーとダメなパーソナルトレーナーの比較を参考にしてください。魅力的なトレーナーにはクライアントも信頼してついてきてくれるので、とてもやりがいのある仕事ができるでしょう。

おすすめのパーソナルトレーナースクール

商品画像
商品名レエール スポーツコンディショニングトレーナーズスクールDr.トレーニングスクールTRAINER'S LABASPトレーナースクール2ndPASS
特徴NSCAの資格合格率は95%!独立サポートも充実グローバルな最先端スキルを身につけられるスクール特別講義がおすすめのスクール全国最優秀トレーナーが多数在籍未経験から即戦力のトレーナーを育てる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索