パーソナルトレーナーを目指すなら養成スクールへ通うことが近道!口コミで評判のパーソナルトレーナースクールをおすすめ形式で紹介します。

パーソナルトレーナーと専属トレーナーの違いとは

公開日:2021/01/01  最終更新日:2021/01/19

パーソナルトレーナーと専属トレーナーは、意味的にはほぼ同じですが、少し内容が違うところがあります。同じような言葉で、何が違うのか、良く分からない人もいるでしょう。今回は、パーソナルトレーナーと専属トレーナーの違いや、パーソナルトレーナーの仕事について、解説していきます。

ほぼ同義で使われることが多い

パーソナルトレーナーと専属トレーナーの違いは何でしょうか?パーソナルトレーナーは、1対1の個々に向き合い、その人に合わせたトレーニングを指導する仕事です。「痩せたい」「ボディラインを引き締めたい」「リハビリしたい」「健康になりたい」などの様々な要望を持つ、クライアントに対し、プログラムを作成して、運動や食事の指導をしていきます。

パーソナルトレーナーを利用する方は、子供から高齢者の方まで幅広く、目的も様々です。パーソナルトレーナーは、クライアントの目標に合わせたメニューを組み立て、身体づくりの指導をサポートしていきます。

専属トレーナーも同じです。パーソナルトレーナーと同じように、クライアントのなりたい身体に合わせた、トレーニングメニューと食事管理を指導していきます。専属トレーナーの利用者は、パーソナルトレーナーとあまり変わりませんが、アスリートやプロ選手、チーム団体などが含まれます。ジムを通じてではなく、個人契約を結んでいる方も多いようです。

そういった専属トレーナーとして活躍するには、パーソナルトレーナーとしての基礎、経験や実績が必要です。アスリートやプロが相手のサポートになるので、医学や最新の運動理論をより深く、勉強されています。

パーソナルの仕事内容

パーソナルトレーナーの仕事は、身体づくりのトレーニングを1対1で指導していきます。減量やボディメイク、健康維持など個々に合わせた目標を達成出来るように、メニューを作成し、トレーニングや食事管理をしていきます。ジムやフィットネスで勤務する方もいれば、アスリートやプロと契約し、専属トレーナーとして、サポートするトレーナーもいます。

パーソナルトレーナーは、クライアントが求めることや、なりたい理想の身体に合わせ、まずは、カウンセリングからはじめていきます。クライアントの情報や目標を聞き出しながら、気持ちに寄り添いトレーニングメニューを決めていきます。トレーニングの指導は人によりますが、1回1時間程度でしょう。

トレーニング中は、身体の動き、健康状態を確認しながら、今後のメニューの調整をします。食事の管理にも気をつけ、クライアントの身体づくりに、必要な栄養素を考えアドバイスします。また、トレーニングを長く続けていく為には、精神的なサポート、心のケアも大切な仕事です。実際のパーソナルトレーナーの1日は、こんな感じです。

8時~
ジムに出勤します。雑用やお店の清掃、準備を行います。ホームページ、ブログなどSNSのチェックや予約の確認も忘れずに行います。

9時~
ジムの営業が開始します。本日の顧客のトレーニングメニューを確認し、トレーニングを開始します。

13時~
昼食。時間は決まっていませんが、トレーニングの合間をぬって、とれる時にとります。

14時~
デスク作業。顧客のプログラムメニュー、食事管理などの作成を行います。合間に、集客の営業や広告などの作成も行います。

16時~
ふたたびトレーニング開始。

20時~
営業終了。

21時~
自宅でトレーニングをして、自己管理に励み、より良い指導が出来る様に、知識を取り入れ、勉強します。

あくまでも一例にはなりますが、このような1日を過ごしています。

パーソナルトレーナーの仕事のよいところ・悪いところは?

パーソナルトレーナーの仕事のよいところは、クライアントの身体づくりを通して、人に出会えることです。子供から年配の方まで、年齢層も幅広く、様々な知識や、経験を身に着けることができるだけでなく、人脈も広がります。クライアントの、個々の悩みに応じて、アドバイスや指導をし、解決出来たときの達成感は、やりがいへとつながるでしょう。そして、目標を達成出来た時の、感謝の言葉は「一番パーソナルトレーナーをやっていて良かった」と思えるところでしょう。

また、様々な方の、身体づくりをトレーニング指導することによって、自己管理にも気を付けるようになり、自分自身も健康的な身体を手に入れることができます。身体を程よく鍛え、栄養学や知識も豊富になる為、健康を維持することができます

パーソナルトレーナーの悪いところは、金銭面の安定が難しいところです。パーソナルトレーナーは、指名や専属になることで、お給料の差が大きく違うでしょう。何回かのトレーニングではなく、「この人に最後まで、指導してもらいたい」と思ってもらわなくてはいけません。腕がある、パーソナルトレーナーになれても、集客が上手くいかないと、金銭的にも厳しいでしょう。

また、自身の体調管理で、クライアントを不安にさせてはいけません。体調が優れない日でも、トレーニングで顔を合わせたら、明るくハキハキと笑顔で対応しましょう。自己管理を徹底し、ケガにも気をつけることが大切です。パーソナルトレーナーは、身体を使う仕事なので、こうした制限や節制を、いつまで続けられるのか不安になることも少なくありません。

 

パーソナルトレーニングの仕事は、顧客に寄り添い、トレーニング、食事管理を指導し、目標を達成させる身体づくりのプロフェッショナルです。大変なこともありますが、それを上回る、出会いとやりがいのある仕事でしょう。

おすすめのパーソナルトレーナースクール

商品画像
商品名レエール スポーツコンディショニングトレーナーズスクールDr.トレーニングスクールTRAINER'S LABASPトレーナースクール2ndPASS
特徴NSCAの資格合格率は95%!独立サポートも充実グローバルな最先端スキルを身につけられるスクール特別講義がおすすめのスクール全国最優秀トレーナーが多数在籍未経験から即戦力のトレーナーを育てる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧