パーソナルトレーナーを目指すなら養成スクールへ通うことが近道!口コミで評判のパーソナルトレーナースクールをおすすめ形式で紹介します。

パーソナルトレーナーに将来性はある?活躍していくにはどうすればよい?

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/09/17


昨今の健康志向の高まりから、パーソナルトレーニングジムを利用する人が増加しています。また、パーソナルトレーナーとして働くことを考える際、将来性のある職業なのかを考える人も多くいます。現状は需要のある職業でも将来性は大切です。本記事では、パーソナルトレーナーの将来性や、活躍していくためのポイントについて解説します。

パーソナルトレーナーの将来性は?

パーソナルトレーナーの需要は、パーソナルトレーニングの需要に大きく関係します。つまり、パーソナルトレーニングの需要が高まれば、パーソナルトレーナーの需要も高まるといえます。昨今は、健康志向の高まりからパーソナルジムやフィットネスクラブが増加傾向にあり、需要が高いと考えられます。しかし、同じような状況が続くとは限らないため、将来性について考えておくことは重要です。

まず、健康維持のためのパーソナルトレーニング需要は今後も高まっていくと予想されています。

なぜなら、糖尿病や高血圧、メタボリックシンドロームなど運動不足が影響して健康に問題を抱えている人が多くいるからです。また、デスクワークや長時間のスマートフォン使用による肩こりや身体の歪みを改善する目的で利用する人も増加傾向にあります。このように、健康な生活をサポートするパーソナルトレーナーの需要は今後も高まると予想できます。

さらに、美容やダイエットを目的とした女性客の需要も将来性があります。利用目的は、健康でしなやかなボディラインを作る、産後太りの解消などさまざまな理由が挙げられます。さらに、女性から人気の高い芸能人やインスタグラマーが、SNSでパーソナルトレーニングの様子を投稿していることも影響が大きいといえます。

その他、シニア世代のパーソナルトレーニング需要も増加しています。高齢化社会の進行に伴い、運動を目的とした需要が高まっています。実際に、シニア世代のジムの会員は増加傾向にあります。また、パーソナルトレーナーという職業がAIに取って変わられるのでなはいかという意見があります。また、実際にAIを取り入れているパーソナルジムがあります。しかし、人とコニュニケーションを取りながら指導を受けたいという需要がなくなることはありません。AIに代わることのできないサービスや利用者のモチベーションを維持する指導などを行うことで、職を失う可能性を下げることができます。

パーソナルトレーナーとして活躍していくには

どんなにパーソナルトレーナーに将来性があっても、活躍していくためには努力が欠かせません。まず、独自性のあるコンセプトを打ち出すことが重要です。他のパーソナルジムとの差別化が図れていないことにより、経営困難になった例も少なくありません。そこで、ターゲット層を絞る、トレーニング内容にコンセプトを持たせるなど他店との差別化を行い、選ばれるパーソナルジムになることが大切です。

また、トレーナー以外の資格を取得し、活躍の場を広げることも重要です。たとえば、柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師などの国家資格を取得する事で、プロのアスリート専属のトレーナーを目指すことができます。

このように、並行して資格を取得することで将来性を広げることができます。その他、パーソナルトレーナーを育成する講師役を目指すも選択肢の一つです。パーソナルトレーナー時代に充分な実績があれば、後輩の指導や新入社員の指導、人材スクールの講師など、年齢を問わず講師として長く活躍し続けることができます。

パーソナルトレーナーの働き方

パーソナルトレーナーには、正社員・フリーランス・独立開業などさまざまな働き方があります。

まず、ジムの正社員として働く場合は、需要の高まりから正社員の募集を行っているジムが多く、未経験でも採用枠があることがメリットです。しかし、報酬は成果報酬型の部分があるため、トレーナーとしてのスキルを磨くことが大切です。さらに、大手のパーソナルジムの場合は、管理職や事務職への異動も希望できるため将来性が期待できます。

一方、フリーランスとして活動する場合は、実力が大きく関係します。トレーニング内容や価格設定、トレーニングを行う場所も自由に選択が可能です。利用者に評価されるサービスを提供できれば、大きな収入が期待できる点がメリットです。しかし、集客ができなければ収入が不安定となり、将来性期待できないことがデメリットといえます。

その他、パーソナルジムを開業する場合、事業を失敗した時のリスクが大きい反面、事業を拡大できれば大きな収入が期待できます。また、年齢や怪我などで現役のパーソナルトレーナーとして働けなくなった場合、人を雇って活動を続けることも可能です。そのため、成功すれば将来性がある働き方といえます。

 

健康需要や美容、ダイエット、シニア世代の利用などパーソナルトレーニングは今後も需要が高まることが予想されます。しかし、パーソナルトレーナーとして活躍し続けるためには、AIにはないサービスの提供や資格の取得、独自性のあるコンセプトの打ち出しなど努力をし続けることが重要です。また、正社員やフリーランス、独立開業などの働き方があります。自分の描く将来像に合った働き方を選ぶことが大切です。

おすすめのパーソナルトレーナースクール

商品画像
商品名レエール スポーツコンディショニングトレーナーズスクールDr.トレーニングスクールTRAINER'S LABASPトレーナースクール2ndPASS
特徴NSCAの資格合格率は95%!独立サポートも充実グローバルな最先端スキルを身につけられるスクール特別講義がおすすめのスクール全国最優秀トレーナーが多数在籍未経験から即戦力のトレーナーを育てる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧